August 9, 2020

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。

なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

August 4, 2020

コロナ対策についてこの前も聞かれたのが、「マスクして石鹸でよく手洗いしていれば、大丈夫なんですよね?」みたいな質問だ。

石川県ではほとんど感染者がいない。この辺にいないものに対して、「大丈夫」とはどういう意味なのか?いないのだから、その対策で防げたのか防げないのか判断のつけようがないだろう。

例えば、日本に象はいない。象はいないのに「象に襲われないようにするには、これでいいのか?いけないのか?」と一生懸命考えていても、拉致あかないだろう。

日本にいる限り、象に襲われないように対策を練るヒマがあったら、豪雨や台風(奇妙なことに今年はまだ1つ...

August 3, 2020

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。

今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。

巨体アメリカが倒れて経済が大パニックの未曾有の大混乱に陥るか、本当にどうなることかと固唾を飲んで見守っていたが、案外大したことは起こらなかった。食べ物もあるし、住...

July 29, 2020

何がムカつくって、能力的にそれほど優れているわけでもないのにトップに奉られている男!やたら権威はあってすごそうに見えるけど、実はそれほどでもない。

似たような仲間同士でがっちりセイフティネットを形成し利益を守っているから、半永久的にトップの座は安泰だと思っている。

でももうすでに世界レベルで下克上は始まっている。実力は並なのに見かけの権威だけでトップにいる人たちのメッキは剥がれ墜ちている。人肉パーティを拒否したがゆえに粛清された人たちは上に行く。

こうなってくると、「あの時、悪魔に魂を売らなくて本当によかった!」と心底思う。あとちょっとで...

July 25, 2020

新しい家に引っ越した。家を建てるなんておそらく私の人生で最初で最後だろう。この一年、本当に色々なことがあってここにたどり着いた。

夕方、雨が上がって二重の虹がかかった。家のデッキから虹を見て、普通なら幸運の予兆だと思うだろうが、ここ最近の変な大雨と長梅雨と気象兵器のせいであまりめでたくもない”人工虹”にしか見えないのが悲しかった。

July 24, 2020

歳破の方角へ引越しをするので、たった一泊だが方違えをした。今年は木星が南にいるので南への引越しは凶なのだ。引越し先は南からわずかにそれて南西方向なのだが、気になるから一旦南東へ移動し、一泊して北西に向かう方違えをした。

どうして木星に近づく方向へ移動するのが凶なのだろう?木星は重量があって惑星の中でも抜群に影響力が大きく、水星、金星以外の惑星は太陽よりもむしろ木星の影響を受けるという。

そういう影響力の大きな惑星に近づく方向へ引っ越すことは、磁場や電磁波が狂う元なのだろうか?磁場や電磁波が狂えば体調不良などをもたらすことは想像に難くない...

July 22, 2020

時々、「本当に世の中よくなっているのか?」と不安になる。絶対に最後に正義が勝つことは”知っている”のだが、それでも職場のテレビで「新型コロナウィルスが…」「新型コロナウィルスが…」と連呼されるとキツイ。

「もうやめてくれ〜!!」と叫びだしそうになるし、吐きそうになる。が、他の職員が食い入るように見ているので、我慢しなければならない。

今まで3千年間世の中を牛耳ってきた人たちというのは、子どもをたくさんさらってきて工場に押し込め、拷問して恐怖感を味あわせた後その生き血を採取するというような、おぞましいを通り越して開いた口がふさがらないよう...

July 21, 2020

コロナの患者さんの病棟で働いていたナースが、コロナ患者がゼロになったので、一般病棟に配置換えになった。

そしたら周囲から「コロナを持ち込むな!」と強い拒否と露骨な差別にあって、とうとうノイローゼになってしまった。ちょっとしたことでも涙が止まらず、食欲もなく、夜も眠れない。

市内のN中学の生徒の親がコロナ陽性になった。そしたらもちろん、その生徒は転校し、家族も引越しをした。

K大学でクラスターが発生した時、感染源だとみなされた女子大生がいた。その女子大生の父親はK大学から300キロも離れたY市に住んでいたが、風評に耐えられず会社を辞めて引っ...

July 20, 2020

「とにかく父を連れてこなきゃ」と思う反面、正直「ああ、大変だな〜、しんどいな〜、大丈夫かな〜」と思う自分もいる。

『家族』を徹底的に破壊して個人を孤立化させることで社会の弱体化を図った”あの”人たち。「その手には乗るか!復讐してやる!」と奮起して、高齢の父を引き取ることにしたが、その準備は本当に本当に大変だ。

今日はなんか疲れすぎて「閃輝暗点」がまた出た。視野のちょうど真ん中が欠損して見えづらく、気分も悪くて倒れそうになった。今日の外来をやり通せるか自信なかったがなんとかやっと終了した。


途中放棄したくなったが、後には引けない。「どうか...

July 19, 2020

「ママ、最近怒らないね。」と子どもから言われた。そう言われればそうかもしれない。

最近もイライラはするが、そこからさらに進んで”こみ上げる怒り”の状態になることはあまりなくなった。

これはたぶん、肉食をやめたからかもしれない。思えば以前は活火山みたいにしょっ中噴火していたなア。子どもたちに本当に悪いことした。反省。

Please reload

特集記事

今年の誕生日プレゼント

August 20, 2019

1/1
Please reload

最新記事

August 9, 2020

July 24, 2020

July 21, 2020

July 20, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

© 2016 石川レジティメシー研究所