• Ishikawa-legi

一人前の奴隷の完成!

今春社会人になったうちの子が、初任給をもらった。税金やら何やら、引かれて、引かれて、手取りはほんのちょっぴりのスズメの涙だ。

その子が「あ、パパに保険証返さなきゃ。」と言っているのを聞いて、私は愕然とした。自分の保険証もできたし、「またこれで一人前の奴隷のいっちょあがり!」とさぞかし連中は喜んでいるやろなぁ、と思ったからだ。

その子には現代社会のえげつない総搾取システムについて、いくら説明しても理解してもらえない。昨夜は「関わりたくない」とまで言われた。「新聞やニュースで言ってないから」だそうだ。

「それじゃ、まるで玉音放送を聞いて初めて敗戦を知った大多数の日本人と同じじゃないか!日本人はみんな新聞に『日本が勝っている』と書いてあったから勝っているものと信じ込んでいたんだよ。」と私は言ったが、聞こえていたかどうか。

37回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所