• Ishikawa-legi

国民の貧困をわざと無視。


マッカーサーと昭和天皇

日本が太平洋戦争に負けた時、なぜGHQは天皇制を廃止しなかったのか、ずっと疑問だった。「天皇を起訴すれば日本の情勢に混乱をきたし、占領軍増員が必要となるだろう」とマッカーサーは考えたとされるが、意味不明だ。そもそも彼は日本の情勢に混乱をきたすべく来日したのではなかったか。

おそらくあの時天皇を廃したとしても、すぐに日本人は「天皇の末裔」を探し出して新しい天皇に据えるだろう。なにせ、すべての日本人は多かれ少なかれ先祖を辿っていけば、天皇家と何がしかの血縁関係にあると言われているぐらいだから。

日本人から天皇を永久に奪うには、「〇〇が天皇を廃した」と明らかに目に見える形で奪ってはダメなのだ。日本人の方から「もう、天皇いらないや〜」という気分にさせなきゃいけない。

そのために、昭和天皇の息子の嫁は公家ではなく平民の出にしたし(有り難みを薄れさせるため)、今上天皇の嫁には神事拒否を演出させた。天皇制廃止までもうあと一歩だ。

それにしても平成の天皇は、在位中にとうとう一度も国民の貧困と不幸について言及しなかった。平成の30年余りで恐ろしい勢いで国民の血の一滴まで搾り取られたその事態を、彼はおそらくわざと無視したのだろう。

ちょうど第二次世界大戦中ポーランド・オシフィエンチムの町の住民が、隣のアウシュビッツ収容所で何が行われていたか十分知っていたけど無視するしかなかったように。



お客様のネクタイを直してさしあげる美智子妃。夫の友人のタバコの火を点けてあげたこともある。普通、お嬢様育ちの方なら”絶対に”そんなことしない。

127回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所