• Ishikawa-legi

新しいほうがいい。

子どもと二人で103歳になる私の祖母のホームへ面会に行った。子どもが祖母にたずねた。

「おばあちゃんは大正、昭和、平成、令和と4つの元号を経験したわけだけど、どれが一番好き?」

祖母は答えた。

「そりゃ、令和や。やっぱり、新しいもの。」


畳と女房は新しいほうがいい、というが、元号も新しいほうがいいんや。なんでも新しければいいという価値観を私は近ごろ大いに反省しているのだが、祖母は「新しいほうがいい。」とすっきりしている。令和にまつわる金融の暗い陰謀なんて、どこ吹く風だ。


これだけ屈託がないと長生きできるのかどうか、わからないが、いろいろ悩みすぎたら早死にすることだけは確かだ。



104回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所