• Ishikawa-legi

国民財産没収75年周期説


明治維新(1968年)の時、イギリスが幕府の財産(すなわちみんなの年貢)をごっそり持ってったのは有名な話。

太平洋戦争終戦時(1945年)、イギリスとアメリカがよってたかって日本のお金を持ってったのも、みんな知ってる話。

うちのおばあちゃんの実家は地平線のむこうまで見渡す限りの豪農だったのに、戦後、土地を全部没収された。満州から引き揚げの人たちが、日本に帰ってきたら銀行口座がからっぽで、向こうから送金した財産を全部没収されていたのも有名な話。

そもそも戦時中にみんな財産を売り払って、ぼろ着て、食べものもなくて・・・。つまり一切合財やられたってことよね。うちのひいおばあちゃんだって、ダイヤの指輪たくさん持ってたけど、全部売り払ったって。着物も反物も全部売り払ったって。

だいたい75年周期でやつらが来るとすると、

次の没収は2020年あたりでしょうか・・・

マイナンバーで銀行預金凍結されて、解除されたときには、口座はからっぽだよ。

75年周期ぐらいで太らせといて、エイッと殺る、

みんなが忘れたころにね。


16回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所