• Ishikawa-legi

レッジ・ミーティング


リチャード・ロックフェラーが人格者だなんて、ありえない!

ロックフェラー家の中ではいい人、というだけなんじゃない?

あの人たちは、自分たちの子どもを小さい時から徹底的に性悪にしこむそうだ。

悪魔を崇拝し、悪こそが人生の生き方で、冷徹に悪を行える心を養うそうだ。

ほっとくと善くなってしまうから、ひっきりなしに拷問、洗脳、その他の手段で悪人に仕立て上げる。

そうでもしないと、人口の9割を殺すとか、食物に毒を混ぜて売るとか、シャンプーに避妊薬を混ぜて売るとか、核爆弾で津波を起こして2万人殺すとか、劣化ウラン弾100万発使うとか、できないでしょ、普通。

そんな環境で育って、でもすりぬけたのかなあ、リチャード・ロックフェラーは。

だから父親から殺されたのね。


19回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所