• Ishikawa-legi

レッジ・ミーティング (On Line)


先日の講演会で、姜尚中さんは「今、ここ、を生きる」と言いました。

「西洋人は人が信じられないから、神を作った。だけど日本人は人も信じれないし、神も信じられない。ではどうすればいいか。」というお話しで上記のように結論づけました。

うちの父も「一日、一日を一生懸命やることだよ。」みたいなことをよく言います。

でも最近私は、もうこの方法では立ち行かなくなっているのではないか、と思うのです。

ずっと、「目の前のことだけ考えろ。そうすれば何とかなる」というやり方でがんばってきました。だけど今、ひどい目にあってるじゃないですか! いつの間にか日本から金がなくなって、貧乏になって、悲惨になって、自殺して、殺し合いして・・・。誰も幸せになってないじゃないですか!

国がこんなにバッタバタの状態になったのは原因があります。その原因を追究して、どこが悪かったか検証して、今後どうすればいいか対策を練る、それが当然でしょう。

私は、子供を中性子爆弾で殺されたくないです!

A研究員によると、「禅は悪魔に勝てない」そうです。

「座禅してるお坊さんより、傭兵雇ってる財閥のほうが強いに決まってますよ、物理的に。」だそうです。そのとおりですよね。

日本人は確かに強い精神性を持っています。その強さを生かして、あともうちょっと賢くなって、もう二度とだまされない正当な社会を子供たちに残したいと願い、当研究所は日々格闘しています。


0回の閲覧

© 2016 石川レジティメシー研究所