• Ishikawa-legi

勤勉


研修医の頃は昼夜を問わず、盆暮れ正月といえど休まず、病棟に張り付いていました。

末期がんや白血病の患者さんが多く、死にゆく人もたくさんいました。

私は夜討ち朝駆けで、「私の寿命の何日分かをこの患者さんに捧げる」という意気込みで、病棟勤務にあたっていました。

結婚してからは、家事、育児、仕事と、これ全部を選択したのは私なのだから、手を抜いてはいけないと思い込み、子供の前では100%母の顔、仕事場では100%プロの顔をしていようとがんばりました。

でも、それもこれもバカみたい!みんなあの人たちの策略だったなんて・・・

あの人たちが、奴隷のように私たちをこき使って極限まで働かせて、上前をはねたのです。

うちの子からは「ママは社畜だ」と言われました。

ロックフェラーが日本人の勤勉さを吸い取って、利用して、吸い尽くして捨てた!

涙が出る。血の涙だよ。 Yes,I’m bleeding.

フランスのことわざ(?)に

「笑って、歌って、飲んで。人生は一度しかないのだから」

みたいのがあって、さすがだな~と思いました。

だからフランス人はひどくやられなかったのね。

日本人はボロボロです。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所