• Ishikawa-legi

ピカピカピカピカピカピカピカピカピカピカピカ


昨夜10時過ぎから11時にかけて、金沢港~日本海上空に連続イナズマ&かみなりがあった。

空の雲のうえで放電している感じで、一定位置でずっとピカピカ、ピカピカ光っていた。

音は小さく「ごろごろ」と時折聞こえた。

あれ何?

普通かみなりなら、次第に近づいてきて、音が大きくなって、”ピカ”と”ごろ”の間隔が短くなって、ザーッと大雨がふったりする。

でもきのうのアレは超不自然!

雨もふらず、雲も薄くてところどころ晴れ間が見えて、光も音も一定の西の空。

稲妻の光る頻度が一分間に20~30個とありえない速さ。

そういえば前日、同方向の地平線に変な雲を見た。

定規でまっすぐ線を引いたような雲が、低く地平線に沿って、地平線の3分の1周ぐらいの長さで続いていた。

いやな予感がしていた。

気象兵器ってあんなこともできるのか?

いったい、何をしようとたくらんでいるのか?

もういい加減にしてほしい。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所