• Ishikawa-legi

仏ニースの”テロ”、トルコの”クーデター”



報道では、仏ニースの”テロ”、トルコの”クーデター”と言っています。

ということは、”テロ”でもなければ ”クーデター”でもないってことです。

日本人の稼ぎの9割を摂取している”あの人たち”に対して、今、世界中が怒り狂っています。

その怒りの表れなのだと思います。

だから大丈夫。静観していればいいと思います。

そのうち日本でも大混乱が起きるでしょう。

でも一時的なもので1、2年経てばまた穏やかな生活ができるでしょう。

というか、そのために当研究所は一生懸命研究を重ねています…

”あの人たち” は2000年の間、パンピー(一般人)を支配してきました。

表に王や皇帝や将軍を立てて、自分たちはその後ろから操る、という手法でです。

自分たちは正体が絶対にバレないように、巧妙に姿を隠していました。

バレたら、やっつけられてしまいますから。

でも今、正体がばれました。あの人たちは誰なのか、どこにいるのか、全部バレました。

ベンジャミン・フルフォードも言っています。

『最終的には、確実に第二次世界大戦以来最大のことになると思います。 もしかすると二千年間で最大のことに。古代の秘密結社が人類を、殺人を通じて、プロパガンダや賄賂を通じて、もしかすると数千年間も支配してきた。それは終わるでしょう。我々の地球の歴史上で起きたことがないものになるでしょう。信じられないものになるでしょう。基本的に我々はバビロニア風の専制政治の終わりについて話しをしているのです。』

ベンジャミン・フルフォードによると、あの人たちとは、

『ロスチャイルド、ボルジア家、メディチ家、デルバンコ(ウォーバーグ)、ロックフェラー(クリントンを含む)、ブッシュ、バウアー家』

http://benjaminfulford.net/2016/07/05/khazarian-mafia-defeat-certain-as-rebellion-spreads-in-the-eu-the-us-and-elsewhere/

上の写真はスイスのツークにあるロスチャイルド家の隠れ家です。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所