• Ishikawa-legi

主語がない


日本語には主語がないことが多い。

主語がないと、主体が不明で、責任が不問となる。

主語がないゆえに苦しんでいる日本人が、たくさんいるに違いない。

身近にもたくさんいる。

ある帰国子女は、自分が何を言われているのか、はっきりわからず、

その場にそぐわない言動ばかりしてしまう。

それでずっといじめにあっている。

この人は英語で会話してあげると、とたんに精神状態がよくなって、生き生きする。

別の人は、母子関係の話の中で

「だから心配している。」

というと、母が子を心配しているのか、子が母を心配しているのか、わからない。

話が誤解だらけになる。

いい人なのに、悪い人になってしまう。

世界的な社会の大きな変革期にあって、日本人はこのような日本語で乗り切れるのか、乗り切れないのか。吉と出るか、凶と出るか。

なんとか乗り切って、”主体的に”未来を築けるよう、考えていこうと思う。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所