• Ishikawa-legi

主語がない


日本語には主語がないことが多い。

主語がないと、主体が不明で、責任が不問となる。

主語がないゆえに苦しんでいる日本人が、たくさんいるに違いない。

身近にもたくさんいる。

ある帰国子女は、自分が何を言われているのか、はっきりわからず、

その場にそぐわない言動ばかりしてしまう。

それでずっといじめにあっている。

この人は英語で会話してあげると、とたんに精神状態がよくなって、生き生きする。

別の人は、母子関係の話の中で

「だから心配している。」

というと、母が子を心配しているのか、子が母を心配しているのか、わからない。

話が誤解だらけになる。

いい人なのに、悪い人になってしまう。

世界的な社会の大きな変革期にあって、日本人はこのような日本語で乗り切れるのか、乗り切れないのか。吉と出るか、凶と出るか。

なんとか乗り切って、”主体的に”未来を築けるよう、考えていこうと思う。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所