• Ishikawa-legi

主権在市役所


日本は主権在民ではありません。

主権は市役所にあり。

ゴミ屋敷は市役所が作ったでしょ。

ゴミのあんな複雑怪奇な分別、だれができますか!?

市役所は勝手に条例を作って、押しつけて、

守れないと、”近所のさらしもの”という怖ーいペナルティが待っている。

巧妙な仕掛けです。

だからゴミを捨てられなくなっちゃった。

家に溜めておくしかないでしょ。

お年寄りで、近所が怖くてゴミを捨てることができず、

ゴミ屋敷になっている人がたくさんいます。

今、『リアル公務員』という本を読んでいます。

驚いたことに、某市役所職員のこの筆者は、

「社会を変えたい。」と思って、市役所入りしたそうです。

地方公務員試験の合格が、社会変革者の資格なんですね!

知らなかった!驚きでしょ?

”立法はお飾りである”ことは、今の人たちの間では織り込み済みなんだなあと。

名実ともに、行政が権力者なのです。

それで、私たちが「その変革はいやだ」と思っても、

どうにもすることができないんですよ?

拒否る手段がないんです。

議員なら次の選挙で落とす、ということができるように(建前上は)なっていますけど。

市役所の職員が勝手に決めたことは、どうにもできないんです。

せいぜい、市役所の投書箱に投書するぐらいですかね。

私たちは実は、手足をもがれた奴隷そのものなんです。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所