• Ishikawa-legi

人智を超えて


先週、思わぬ追突事故を起こしかけた。

実際はまったくかすりもしなかったので、私は気づかなかった。

けど、相手の運転手がものすごい形相で怒鳴りはじめて、

その人はたぶんに前方不注意だったのだろうけど、そんなことは棚に上げて、

口角泡を飛ばして私のことを罵った。

私はなんのことかわからず、ぽかんとしていた。

たぶん、その時間に従弟は死んだのだ。

自殺だった。

従弟は10歳ほど年下だったので、赤ちゃん人形のように手を引いて

公園に遊びに行ったっけ。

大きくなって結婚して、女の子が生まれて、

その子の年賀状を毎年送ってきてくれていた。

その従弟の子の写真が、私の小さい時にそっくりだ、と言って、

毎年うちの子たちが盛り上がっていた。

先週のニアミス未遂事故の後も、妙なトラブル続きで、おかしいな、おかしいな、

と思っていた。

でも従弟の死を知って、ピンときた。腑に落ちた。

「ああ、だからか。」と思った。

従弟は、同じ祖父母を持つ者として、何らかの”サイン”を送っていたのかも知れない。

彼の苦しみを思って、涙がとめどもなく出た。

こういう不思議なことが、たまにある。

こんな時期は、あまり逆らわないようにしている。

AI(人工知能)にこんな不思議なことができるか?と思う。

絶対にできないよ。

どんな陰謀もテロもスパコンも、誰かの魂までつぶすことはできないよ、と思う。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所