• Ishikawa-legi

残念な精神科


精神科は入局とともに、

①精神病は治らない。

②症状を押さえ込め!

この2点を叩きこまれる(らしい)。

①は明らか洗脳だ

②は薬をたくさん飲ませて薬漬けにして、脳活動を停止させ、症状も正常活動もなにもかも一緒くたにストップさせる。見かけ上は症状がなくなる。

これはビッグ・ファーマの陰謀だ。

10代~20代で発症して、生涯数十年に渡って高い薬を飲み続ける。

製薬会社には、だまっていても、どんどん自動的にお金が入る。

金のなる木でしょ、患者は。

ドラッグ・ディーラーでしょ、医者は。

ビッグ・ファーマが次々と倒産している今、みんな早く陰謀に気がついてほしい。

精神病が一律に治らないわけではない。治るものだってたくさんある。

症状を押さえ込んだだけでは、解決にならない。

なんでその症状をきたしているのか、原因を考えて、取り除く作業をしてほしい。

でも入局と同時に叩きこまれたものは、そうそう変えられない。

今のままずっと自動的に毎回薬を処方していたほうが、楽だ。

一生移動のない療養病棟の管理人をしていたほうが、楽だ。

面倒なことはしたくない。

でもこれをしないと、精神科医は生き残れない。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所