• Ishikawa-legi

Mort


先日、母が息を引き取りました。

前の日に弟にメールで「胃瘻もありかも。安定したら私が引き取ってもいいわよ。」と言っていました。そしたら次の日ひょっこり亡くなりました。やっぱり母はいやだったのだなあ、と思います。胃瘻か、私の住所に来るのか、どちらかが。

虫の知らせも、夢枕に立つこともなく、あっさり逝きました。あのオシャレで頑張り屋の母が、7年も寝たきりで半身不随でオムツしていたから、よく「もういい。」と早く死にたいようなことも漏らしていました。それを私が、メールとはいえ長引かせるようなこと言ったから、ちょっと怒ったのかなあ、と思い当たるのです。

去年、うちの犬も死んだし、ちょっと前に伯母も亡くなったし、プリンスも死んだし。。。

みんな次々に逝きます。生きていくってこういうことなのですね。

でもうちには二人の子どもがいます。命をつなぐってこういうことなのですね。

こういう人間の営みのような、古い葉っぱは枯れて落ちて、新しい葉っぱが生えてきて、みたいな、こういうものを一気に壊そうとする輩って、やっぱり相当無理がありますね。ありえないでしょう、世界の人口の9割を殺すって。こういう人たちの台頭を許さないシステム作りがぜひとも必要だと思います。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所