• Ishikawa-legi

少子化


母のお弔いに、たった一人だけ母の実家から参列者があった。

母の旧姓を名乗る人物が一人だけ参加したのだ。

それは母の甥だった。

でもおそらく、私の死んだ時は、私の実家からは誰も私の葬儀に参列しないだろう。

私の旧姓を名乗る人物で、私より年下は、もはや2歳年下の独身の弟しか残っていない。

この弟が私より長生きしたとしても、高齢となっていて、姉の葬儀でこの地へはるばるやってくることはできなくなっている可能性が大きい。

実家は継ぐ者がなく、滅びるのだ。

私の婚家だって、世代が次の次まで続くかわからない。

日本人の少子化はかなり恐ろしいことになっている、と母の葬儀であらためて思った。

家制度の破壊、少子化、日本人滅亡作戦に、なんて見事に日本人は引っかかってしまったのだろう。

こんなことを言っている私だって、あの人たちのプロパガンダにまんまと乗っかってしまい、

「”結婚しない”という選択がある」と信じ込んでいた。

そんなもの実はない。結婚はするものなのだ。


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所