• Ishikawa-legi

少子化2


職場のお昼ご飯は、いつも40代〜60代の職員7人の同じメンバーでテーブルを囲んで食べています。みなさん、結婚していたり、バツイチだったり、独身だったりです。

この前ちょっと数えたら、このメンバー全員に合計7人しか子どもがいません。子ども1人生まれるのに大人は2人必要ですので、メンバー7人プラス(元)配偶者5人で合計12人に対して、子世代は7人しかいないということです。親世代より子世代の方が圧倒的に数が少ない。

これでは間違いなく、日本人は滅亡しますね。

どうしてこんなことになったのでしょう?

欧米は子どもの数が増えています。夫が育児に参加することで、うまく乗り越えました。

でも日本では、夫が育児休暇を取ると、出世できないと言われており、

またもや見えないプレッシャーが、日本人自らをぶっ潰しています。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所