• Ishikawa-legi

Namida



Haitian President EXPOSES the Clinton Foundation: "Hillary Clinton tried to bribe me!"

https://www.youtube.com/watch?v=phKO2T2pMjM

これを見たら、涙が止まらなくなった。

なんでだろう?

まあ最近、涙もろいというのもあるけど。

2010年ハイチ地震で世界中から集まった寄付金がすべてクリントン財団に振り込まれて、実際にハイチに渡ったお金は2%以下だった、とハイチの大統領が、ドナルド・トランプに訴えている。

彼はハイチをよくしたいと心の底から思っている。だのにハイチはアメリカ金融マフィアに骨の髄までしゃぶられてしまった。その身を切るような慟哭に、日本の現状を重ねてしまって、涙が止まらないのかもしれない。

世界中が怒り狂っている。

ちなみに、これだけたくさん悪事が暴露されたため、あと数日でヒラリークリントンは”病気”ということにして下されて、サンダースが代わりに立つらしい。

ちなみに(その2)、クリントン財団とはロックフェラー財団のこと。

なぜなら、ビル・クリントンはロックフェラーの息子(私生児)だから。

でなければ32歳の若さでアーカンソー州知事になれるわけがない。

(前任のアーカンソー州知事はウィンスロップ・ロックフェラー)


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所