• Ishikawa-legi

Socialite



Wikipedia

ソーシャライトは社交界の名士。上流階級や富裕層に属するエンターテインメント性に富み、チャリティー活動に携わったり、社会団体に属している人物やその家族を指す。

ほとんどが親や夫など親族が築いた財産により暮らしており、名義上親族企業の一員として名を連ねることもあるが、実務に関わることはほとんどない。

常々、私たちから分捕っていった巨額マネーを手にしたロスチャイルドやロックフェラーや王族なんかの男たちに群がる、女たちが絶対いるやろな〜、と思っていたけど、こういう人たちなのかもしれない…。

特別きれいで、オーラが漂っていて、金と宝石とドレスと不動産と名声と美と、なんでも持っている。奴隷のように働かなくていいし、時間はたっぷりあるし、お皿は一枚も洗わなくていい。

昔の私なら、超うらやましかったかもしれない。でも今は色々カラクリを知ってしまったので、あんまりうらやましくない。こういう生き方するのも大変なんじゃないかと思ってしまう。 

こういう人たちは直接、殺しや脅しや戦争や911や311に加担していないかもしれない。でも親や夫が何しているかうすうす知っているし、身につけている宝石や高級化粧品は有色人種の血でできているってことも知っている。考えないようにしてるだけだ。


16回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所