• Ishikawa-legi

子離れ


”子離れ”の英訳がない!

驚いたです。

日本以外の国では親も子も独立した個人として生きているので、

子が生まれた時点で”他人扱い”となります。

だからきっと日本以外の人とっては、最初から離れているものをわざわざ離れるという概念がないのでしょう。

この仕事を長年してきてつくづく思います。

この病気は本人でなく、親の問題だと。

子をいくら集中して治療しても絶対に治りません。

必ず親が介入してきて、子を取り戻していきます。

そして再びぐちゃぐちゃが始まります。

逆に親を治療すると、子の病気が治ります。

親に子離れと(親の)自立を促すのです。

親がそれを悟った時、子が治ります。

不思議です。

発達障害、統合失調症、うつ病、摂食障害、引きこもりなど

病気の種類はカンケーない!と言っても過言ではありません。

どの病気でも本人の治療だけしていても絶対に治りません。


20回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所