• Ishikawa-legi

Initiation



左はお乳を飲む子馬の写真です。かわいいですね。でももし、子馬が成長して大人になっても母のおっぱいを飲んでいたら?母より大きくなった馬がおっぱいにしがみついていたら?気持ち悪いですよね。もちろん、馬の世界では絶対にそんなことはありえません。

でも人間社会ではありえるんです。さすがに母のおっぱいまで吸ってる成人男性はいないけど、母にしがみついて離れない人はいっぱいいます。

大学医学部入学して近くにアパート借りて、そこに母と一緒に暮らす知人の息子がいます。父は他県で一人暮らしです。

「寒いから」と言って母のタイツを履いて入院してきた55歳引きこもり男性がいます。おしっこするの大変だったでしょうのに。この人は女買うのも母同伴で、母は終わるまで外で待っていたそうです。

入れ墨入れて、でも消して、酒もやって、車も買って、でも壊してまた買って、人身事故起こして莫大な補償金払って、これ全部親の金でやった40間近の男性がいます。今後一生親に面倒みてもらうつもりだそうです。

昔は村にイニシエーションという儀式があって、男の子が14、15歳になると無理やり母から引きはがして、寺か山小屋かどこかに集めて数ヶ月男だけで共同生活させる風習がありました。そうしないと母はいつまでも子を離さないから、だそうです。帰ってくるとすっかり一人前の男になっていたそうです。こういう元服みたいなのが今の社会にも必要ですね。

親は子どもをペットと勘違いしてるのでしょう。かわいがって手元に置いとくことのどこが悪い、って思ってる。そしてブリーダーみたいに交配させて、かわいい孫が増えたって喜んでるのでしょう。でもペットは自分一人で生きていくことはできません。常に世話してくれる人が必要です。飼い主が死んで野良化したら生きていけません。子どもは成人して社会を継承し、よりよい社会を目指して運営していかねばなりません。ペットにはそれができません。

今の世の中、不安でいっぱいでなかなか自立できないのでしょうけど、一人前の男になったほうが絶対に面白いですよ。そして一緒に世直ししましょ。いい世の中にして、ちょっと働いてあとは遊んで暮らす、って素敵でしょ。これなら楽でしょ。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所