• Ishikawa-legi

Ars longa, vita brevis


実家のトイレットペーパー・カバーには

「Ars longa, vita brevis(芸術は長し、人生は短し)」という言葉の刺繍がしてあった。

母がしたものだ。

私はトイレに行くたびにその文句を目にした。

今日、物置の昔の写真を整理していたら、子どもたちが小さいころの写真がたくさん出てきた。

小さい子を二人抱いて、ほほえむ私の写真もあった。親子三人がおそろいの服を着ている。

写真を見ながら、こういう幸せな時間がたくさん、たくさんあったなあ、としみじみ思った。

悪魔教を信じる邪悪で狂気の人たちが、キリスト教をねつ造し、人々を好き勝手に誘導し洗脳し、戦争やテロを起こし、国をめちゃくちゃにした。

でも、砂の中の砂金のように、世界の中に真実が混じっていて、残る。

私はあっという間にしわくちゃバアさんになったけど、残りの幸せを絶対に奪わせはしない。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所