• Ishikawa-legi

家:ファミリー


日本では一般庶民の間では、長いこと一対の夫婦を核とした”家”が作られてきた。

家制度の女性にとっての弊害は、”無償の働き手の奴隷嫁”などとして語りつくされてきた。

でも家制度は、女性側にもなんらかの利点があったはずだ。

人口の半分は女性であるわけだし、単に女性が虐げられてきただけなら1000年、2000年も一夫一妻制は続かないだろう。

家制度の女性にとっての利点は何だろう?

家制度は女性がもっとも安心して子育てができる形態だ、ということなのかもしれない。

そして安心した子育ては、安定した社会につながる確率が高い。

私なら一夫多妻制は耐えられない。

毎日よけいな嫉妬や邪推や奸計ばかりにとらわれていなければならない。

“いい子に育てる”どころではなくなる。

“夫育て”も何十年もかけて家の中で行われる。

夫唱婦随というけれど、実はどこの家もたいてい婦唱夫随なのだ。

これによって ”ひとかどの人物” が仕上がるということに、あまりみんな気づいていない。


[左の写真はリン・フォレスター・ド・ロスチャイルドと彼女の3番目の夫エヴェリン・ド・ロスチャイルドです。今、ここの家は、たぶん大変です。11/8クーデターに遭って南極の地下基地に避難したとも聞いています。]


22回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所