• Ishikawa-legi

FBI特別捜査官



以前うちに、FBI特別捜査官がホームステイしたことがあります。

たしか日本の警察システムを学ぶプログラムで来日し、その一環として日本の一般家庭でホームステイする、というものだったと思います。

その時にその人に習ったこと―ガンの使い方、911後のテロに備えて飛行機の機内での特別警戒のやり方など―の中で、今でも一番よく覚えていることは”FBI捜査の極意”とでもいうべきものです。

その人がいうにはFBIの仕事とは、とにかくターゲットの人の弱点を探すことだ、というのです。人は誰でも弱みがあります。お金に弱かったり、権力に弱かったり、女に弱かったり・・・。目的とする人の身辺をさぐって、その人が何に弱いかをつきとめる、それがFBIの主な捜査だ、というのです。弱点がわかったら、あとはそこを攻める、あるいはおとり捜査するだけだそうで、簡単だそうです。

うーん、そのやり方って、ヤクザが弱みにつけ込むのと同じだなぁ、とそれを聞いて思いましたっけ。だから「警察とヤクザって同類だ」みたいなこと言ったりするのですね。

人には必ず弱点があります。私にもあります。でも正当である限り、何もおそれる必要はないのです。FBIがおとり捜査してこようが、ヤクザが脅してこようが、ビビってはいけません。Legitimacyで撃退できます。そのことを日本人は確信するべきですね。

何も悪いことしていないのに、なぜ、脅しに屈する?

あ、そうか、悪いことしているんですね、日本の政治家は。

小泉純一郎なんかも芸者を殺した前歴があるらしいから、そこを突かれたら、そりゃ国民の郵便貯金を全部渡してしまいますよね。

ひどいですよね。もう、どこから手をつけていいのか、わからないですわ((+_+))


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所