• Ishikawa-legi

FBI特別捜査官



以前うちに、FBI特別捜査官がホームステイしたことがあります。

たしか日本の警察システムを学ぶプログラムで来日し、その一環として日本の一般家庭でホームステイする、というものだったと思います。

その時にその人に習ったこと―ガンの使い方、911後のテロに備えて飛行機の機内での特別警戒のやり方など―の中で、今でも一番よく覚えていることは”FBI捜査の極意”とでもいうべきものです。

その人がいうにはFBIの仕事とは、とにかくターゲットの人の弱点を探すことだ、というのです。人は誰でも弱みがあります。お金に弱かったり、権力に弱かったり、女に弱かったり・・・。目的とする人の身辺をさぐって、その人が何に弱いかをつきとめる、それがFBIの主な捜査だ、というのです。弱点がわかったら、あとはそこを攻める、あるいはおとり捜査するだけだそうで、簡単だそうです。

うーん、そのやり方って、ヤクザが弱みにつけ込むのと同じだなぁ、とそれを聞いて思いましたっけ。だから「警察とヤクザって同類だ」みたいなこと言ったりするのですね。

人には必ず弱点があります。私にもあります。でも正当である限り、何もおそれる必要はないのです。FBIがおとり捜査してこようが、ヤクザが脅してこようが、ビビってはいけません。Legitimacyで撃退できます。そのことを日本人は確信するべきですね。

何も悪いことしていないのに、なぜ、脅しに屈する?

あ、そうか、悪いことしているんですね、日本の政治家は。

小泉純一郎なんかも芸者を殺した前歴があるらしいから、そこを突かれたら、そりゃ国民の郵便貯金を全部渡してしまいますよね。

ひどいですよね。もう、どこから手をつけていいのか、わからないですわ((+_+))


0回の閲覧

© 2016 石川レジティメシー研究所