• Ishikawa-legi

11/22 福島上空UFO撃墜



平成28年11月22日福島沖でM7.4の地震が起きた時の映像です。高校生が撮影したとされる動画には、福島上空にUFOが現れて、それが撃墜される様子が映されています。

http://youtu.be/rnFWTEbJY7k

ベンジャミン・フルフォードによると、UFOは地震兵器で、アメリカ軍が撃墜した、とのことです。

http://benjaminfulford.net/

アメリカの軍人たちは、世界各地に地震を起こして回る”あの人たち”に怒り狂っていて、今月8日にクーデターを起こしました。そして逃げまとう”あの人たち”を各地で撃墜しています。現在、世界各地でUFO撃墜画像がとられているのは、そういう理由だからなのです。

http://youtu.be/5nRTSHEvllo

一方、日本では情けないことに、大手マスコミが全員制御されているため、真実は一切報道されていません。

下の写真のように、地震の時のテレビニュースに怪しい光が映っているのに、フジテレビに問い合わせても、のらりくらりだそうです。


「FNN(フジニュースネットワーク)青白い光が設置した定点カメラによってしっかりと捉えられていた。」

http://tocana.jp/2016/11/post_11587_entry.html

日本人がこういう”のらりくらり”の事なかれ主義で、今後生き延びれるのかどうか、私にはよくわかりません。案外、このままがんこに乗り切るのかもしれないし。


107回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所