• Ishikawa-legi

保守:事なかれ主義


わが県は特に保守傾向が強い。

面倒は徹底的に避ける、今の暮らしを死守する、新しいことには絶対に手を出さない、など。

その徹底ぶりはすごい!

現状の問題点を見つめ改善しないと、このままでは立ち行かない、という危機意識は皆無だ。

今朝のミーティングで、些細なことではあるけれど、ある出来事があって再び茫然としている。

(今まで何度も茫然とさせられているのに、懲りずにまたもや茫然とさせられてしまったので・・・)

それは私の担当病棟の患者さんを、K先生の病棟に転棟させようとしたのに、K先生から拒否された、というたったそれだけのことだったのだけれど・・・

K先生の病棟はたくさんベッドが空いているし、単価も高い。だからそちらへ移動したほうが病院としてはちょっとだけもうかる。

でもK先生は、今のままでも給料は変わらないし、患者さんが増えると自分の仕事も増えるので面倒だし、ということで、「ナースが大変になるから」という理由で断ってきた。

他の先生もみな似たりよったりだ。面倒を徹底的に避ける。余計なことはしない。患者さんが治ろうが治るまいが、知ったこっちゃない、関係ないと思っている。

来年あたりに日本にも大どんでん返しが来るけど、うーん、こういう態度で乗り切れるか?ある意味、究極の自己中だから、きっと犠牲者がたくさん出るだろう。でも自分だけは助かるから、いいか?

でも私は、乗り切ったあとのことを心配している。こういうことでは、また日本はだまされるだろう。

何回でもだまされて、身ぐるみはがされるだろう。私はそれはいやなので、何か究極の解決策を探している(手伝ってくれる人、募集中です)。


23回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所