• Ishikawa-legi

精神科の治療


精神科の治療は対症療法オンリーです。

内科にいた時は、病気の根治をめざしたものです。

内科では症状をとるだけの対症療法は、いわば医者として敗けでした。

精神科病院の保護室で拘束されて、解放された時に下肢血栓が飛んで肺梗塞で亡くなる症例がいまだにあります。主治医は「患者が暴れるから、拘束した」と言います。

通常、患者さんは暴れなくなるまで、注射を何回も打たれ、大量の薬を飲まされます。

そしてぐったりしておとなしくなったら解放されます。主治医は「やっと暴れなくなった」と満足です。

でも患者さんにしたら、大勢の職員から無理やり押さえつけられ、連れて行かれて注射されるから、恐怖でいっぱいで、暴れるのは当然なのです。

また先日あったのは、高齢の入院患者さんで、「死にたい」と言ってシャツで自分の首をしめたケースです。この人も即、保護室に隔離されました。ナース側の「夜勤帯で何かあっても、対応しきれないから」というのが理由です(通常、ナースの「みれない」という言葉に、主治医は反対できません)。

この高齢患者さんは実は、「自分は年を取って、不用品となった」「誰にも必要とされず、大事にされない」という思いをずっと持っていた方でした。だからみんなのいる前で首をしめたのです。

そういう人には、「あなたは大事な人ですよ」「ここにいてくださいね」というメッセージを送るべきなのです。それなのにひとりぼっちにして保護室に閉じ込めたので、よけい具合が悪くなってひどいことになってしまいました。

なぜ暴れるのか?なぜ死にたいのか?

精神科医は、その辺をきちんと探って、根本を治療するべきでしょう。


34回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所