• Ishikawa-legi

「外務省は伏魔殿」


田中真紀子が外務大臣になった時に、外務省のお金がたくさん行方不明になっていることに気づきました。それで「外務省は伏魔殿」と言って告発しようとした矢先に、外務大臣を辞めさせられました。その後、ネット上では「殺された」ともっぱらの噂になっています。

田中真紀子は、マスコミの報道上は”イカレたおばさん”みたいな扱いになっていて、私もすっかりそう思っていましたが、実はお父さんの田中角栄と同じ、強い義の人だったのですね。

この時の外務省の多額の行方不明金は、どうも小泉純一郎と福田康夫が使い込んだものみたいです。使い込んだ、と言っても、株に投資してすっちゃった、すなわち複合マフィアに貢いだ、ということのようです。

世界の情勢が大転換し、複合マフィアが退治中で、経済界の大掃除がありそうな今、小泉純一郎と福田康夫があわててその使い込んだお金を、ばれないように元の場所に戻しておこうと思ったのでしょうか。

小和田恆氏がスイスのバーゼルで天皇の口座から8兆円をおろそうとして、捕まり、軟禁状態になりました。他人の口座からお金をおろうそうとすれば、天皇の外戚といえど捕まるのは当然です。政府の使者がスイスに飛んで行って釈明しましたが、相手にされなかったそうです。

その口座のお金は、日清戦争で日本が勝った時に中国からもらった賠償金だそうです。小和田氏は二人から頼まれておろしに行ったのでしょう。元々、小和田氏の娘雅子さんを皇室に嫁入りさせたのはその二人だったので、小和田氏は二人の頼みはいやとは言えないのです。

そもそも日清戦争だって、八百長のヤラセの戦争で、中国をやっつけるために英ロスチャイルドが日本に多額の金と武器をやって勝たせた戦争です。その賠償金が天皇個人の口座に入っていることも驚きだし、国民がどれだけ貧困に喘いでいるかを考えると、「私たちを食いものして翻弄するのもいい加減にしてよ!」と大声出して叫びたい気分です。


274回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所