• Ishikawa-legi

Ake-ome!


「みなさん! 親たちが我々のために汗を流してくれたように、我々も子どものためにもうひと汗を流そうという考えの元にはじめて、理想的な日本というものが築き上げれるのであります。」

これは田中角栄の演説の中の一節です。http://youtu.be/uchdqP88jb0

前回このブログで小和田恒氏の価値観について書いたのと同じことを、田中角栄も言っていたのですね。

田中角栄は自民党総裁選に出馬したときに、選挙の前夜に、敵陣の一人一人に一千万円を配って寝返らせたそうです。金を簡単にもらっちゃう方もどうかと思いますが、大義と金との両方で人と国を動かそうとした田中角栄のことも、「もったいないなあ」と思います。

やっぱり金を使ったら最後は金でやられるでしょう。大義と金ではなく、大義と天命で事を成すべきであったでしょう。

御巣鷹山日航ジャンボ機墜落事件、阪神淡路大震災、311東北大震災、過重労働、貧困、自殺、少子化など、今の日本の不幸を作った責任の一端は、プロパガンダにあっさり乗せられ、無思慮に無反省にこの時代を突っ走ってしまった私たちにもあるかもしれないのです。

ならば、私たちのどこがどのようにまずかったのか、真摯に反省し、責任を追及し、もう二度と繰り返さないようシステムを改良し、真に公正で立派な社会を築き、次世代に渡していきたいと、当研究所は切に願っています。そのために今年も少しずつできることをしていく所存です。今年もよろしくお願いします。


10回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所