• Ishikawa-legi

We can make it happen.


私の周りで、頭いい人はたくさんいる。でも今世界で起こっていることをちゃんと理解していいる人は皆無だ。

一方、ネットを見ると、欧米人の中にはしっかりしている人がいる。日本人にもしっかりしている人がいる。

日本人でしっかりしている人、大局をつかんでいる人、何をすべきかはっきりわかっている人というのは、英語を解する人だという気がする(例外はうちの夫だ)。

英語は物事をクリアにするので、英語を解すると視界がぱーっと広がる。遠くまで見渡せて、正当なものと不当なものの区別がはっきりする。

日本語で字面にするといかがわしくて胡散臭いものー”ロックフェラー”や”イルミナティ”や”陰謀”ーも、英語の動画で当の本人がしゃべっているのを見ると、リアルに納得する。「やっぱり超いかがわしいな」って。

そしていろいろわかると、怖くなくなる。「なんだ、こんなショボい爺さんじゃないか」と思うようになる。

日本人は「闇の支配者」というと、超ヤバくて「触れてはいけない」と思い込んでいる。先日も患者さんが「『水で動く自動車』はあるけど、それをやるとロスチャイルドに殺される!」と叫んでたっけ(冷静に考えてよ。”いい発明をしたら殺される”ような事態ってすごい変でしょ。そんな変で不当なことをゆるしてはいけないでしょ)。

闇の支配者はもはや闇ではなく、英語の動画を見ていると、引きずり出されて白日のもとに晒され、どこの誰か、どこに住んでいるかはっきり特定されているのに。死に体なのに。日本人はまったく知らない。

まあ、日本人は頭がいいけど度胸がない、といくら嘆いていても仕方がないし、度胸がなくても勝てる方法を当研究所は編み出しますヨ。待っていてくださいね。


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所