• Ishikawa-legi

ベンジャミン・フルフォード


このブログを読んでいるらしい知人に言われました。

「ベンジャミン・フルフォードは本当に傑出している。このブログも稚拙な自説ばかり載せないで、もっとベンジャミン・フルフォードを応援するような記事を書いた方がいい」と。

なので書きます。今日のベンジャミンの英語ブログに載っていた記事です。

Somebody broke into this writer’s home recently and attempted to delete all the copies I have of a tape recording of when I was offered the job of Finance Minister of Japan by a representative of former Japanese finance minister Heizo Takenaka, in exchange for agreeing to participate in a campaign to kill 90% of the world’s population. Takenaka works for the Rothschild and Rockefeller Khazarian mafia families behind this plan. I still have many copies of this tape hidden but the fact they would try to delete this evidence shows clearly how scared of justice these people are.

要約すると、先日誰かがベンジャミンの自宅に押し入って、ある録画テープを消そうとしたらしいです。そのテープは、数年前にベンジャミンが竹中平蔵から「いろいろ嗅ぎまわるのをやめろ。そのかわりお前を大蔵大臣にしてやる。活動をやめなければ殺すぞ。」とおどされた時の模様を録画してあるものでした。竹中平蔵はロスチャイルドやロックフェラーの手下だったのです。もちろんベンジャミンはテープをたくさんコピーしていろいろな場所に拡散して隠してあったので、ちょっとぐらい消されても大丈夫だったようです。

私がベンジャミンを本当に尊敬してる部分は、下線の部分で「今回のことは、彼らがどれほど正義を恐れているかを如実に示している。」と言っているところです。

何者かに自宅を荒らされても、こういう風に恐れずに強く冷静に言えるって、すばらしいですよね。私もベンジャミンのこういう言葉からどれほど勇気をもらったか!正義は必ず勝つ、という事実を彼を通してまざまざと目の当たりにしましたよ。

1月13日(金)ベンジャミン・フルフォードとリチャード・コシミズの「FACT2017」講演会 東京・東池袋

に行っちゃう予定です(^o^)/

http://wonder-eyes.co.jp/wp/113%e9%87%91-%e3%83%99%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%a8%e3%83%aa%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%bb/


57回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所