• Ishikawa-legi

既得権益


トランプ大統領が誕生し、エリザベス女王や平成天皇がもうすぐ退位し、世の中が新しい体制になろうとしている。

でも古い体制からちっとも方向転換できない人たちが、うちの夫を含めて、大勢いる。それは複合マフィアにぶら下がっておこぼれをもらっていた人たちだ。(あの人たちが私たちを利用して手に入れた莫大なお金に比べたら、それはほんのわずかなおこぼれにすぎないことに早く気づくべきだ。)

実は社会の各分野に渡り、隅々まであまねく複合マフィアのmanipulationが行き渡っている。だからごくごく普通の人でも、複合マフィア体制が崩れたら、「給料がなくなるのではないか、職がなくなるのではないか」と心配している。

ましてやうちの夫のように、複合マフィアによって地位と特権を与えられていた人たちはなおさらだ(うちの夫は製薬会社による体制に支えられていた。極論すれば、私も含めて医師は全員そうだ。)

「努力と才覚だけが、富を手に入れられる」というのは洗脳だ。早く目覚めてほしい。富をこそ、


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所