• Ishikawa-legi

国立大学授業料



「国立大学の授業料がどんどん上がっているっていう話を、今日授業でやったよ。」と国立大学に通ううちの子が教えてくれました。

調べてみると、本当にどんどん上がっています。これ、本来は無料でいい話です。私たちの税金で運営しているのですから。そして日本は世界一税金の高い国ですから。

でも今では年間60万円も払わなければいけません。こんなもん、逆立ちしたって払えない家庭も多いはず。1975年はたった3万6千円だったのに。

ちょうど真綿で首を絞めるように、じわじわ上がったので気がつきませんでした。なんでもかんでも物価が上がります。給料の手取りのほとんどが引き落としされ、ほとんど残りません。

私たちから取り上げたお金はどこへ行ったか?なにせ、この国の会計は使途不明金が7~8割を占めるのです。でもちゃんとわかっています。海外へ流れたのです。海外=複合マフィアの経営企業です。

複合マフィアがあの手この手で私たちからお金を搾り取っています。私たちは今や瀕死状態です。じわじわ来たので気がつきませんでした☠


23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所