• Ishikawa-legi

肩幅



リチャード・アーミテージはものすごいガタイがいい。上の写真で隣の加藤良三さんと比べてみてください。肩幅が加藤さんの倍くらいありそうな勢いです。

(しかし加藤さんも、一目見て出身大学がモロ分かりのいやなオーラを出してますね)

リチャード・アーミテージはどことなく山口組の組長の司忍に似ています。あ、スキンヘッドだけか。。。

昔はこんなガタイの人を見ただけで怖くて震え上がっていたけど、今はそうでもないっす。どんなに鍛え上げて筋骨隆々の人にも、弱点や急所がある。そこを衝けば、ほんの0.01%かもしれないけど倒せる可能性があるって、学んだから。ダビデがゴリアテを一発で倒したみたいに。

彼はベトナム人や日本人を虫けらのように殺したけど、やっぱりそういう人って、目の奥が細かく怯えている。ドンと見据えた目をしていない。

彼はきっとどんなに強靭な肉体をもってしても、どうしてもダメなものがあるって知っているので、どこかで畏れているのですね。


51回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所