• Ishikawa-legi

関東平野ぶっとばし計画



統一教会と右翼団体靖国と安倍晋三がまたもやベンジャミン・フルフォードを迫害しに来たようです。

ベンジャミンは彼らから何回も殺されかかりましたが、また今日も自宅に侵入されたようです。ベンジャミンのサイト作成担当の39歳の女性も毒にやられて危篤状態だそうです。

「もう勘弁ならん!捕まえてやる!」とベンジャミンは心底怒っています。

http://youtu.be/vS7KM56Yges

もし今ベンジャミンが殺されたら、「関東平野と関西に埋められている500メガトン級の核爆弾がそれぞれ爆発して、関東平野と関西は存在しなくなる」と言っています。なぜなら今、それらの爆弾が爆発しないように止めている人物は、唯一ベンジャミンだけだからだそうです。

ロスチャイルドによる「関東平野のぶっとばし、日本人皆殺し、および北朝鮮への移住計画」があったそうですが、ベンジャミンたちが阻止したそうです。そのお礼として日本政府から1兆円が3月19日までに支払われることになっているそうです(約束は破られそうですね)。

かなり逼迫した状況のようです。当てにしていたトランプ大統領が、どうやらやつらに骨抜きにされたようなのです。トランプ大統領は「911をやったやつらを逮捕する!」と言っていたのに、急にトーンダウンして妙なたわごとばかり言うようになった、とのことです(おそらく「イヴァンカを殺す。」と脅されたのでしょう)。

ちょっと!

ぼーっとしてる場合じゃなくなりました。ベンジャミンの言う『良心的世界政府』は絶対実現できると私は思います。だからがんばらなきゃ!


57回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所