• Ishikawa-legi

仕事に命をかける


患者さんで脳の手術をした後、思うように言葉が出なくなってしまった大工さんがいます。自分の思いを周りにわかってもらえず、いらいらして「だら!だら!※」とどなり散らしていました。

この人は仕事が生きがいで、仕事だけはまじめに行くそうです。私が「仕事に命かけてるのよね?」と聞くと、彼は「うん」とこちらを強く見据えてうなづきました。

その点、女はだめだな~と思う時があります。女はいつまでたっても仕事はパートで腰かけで、時間内に終わらせてさーっと帰り、給料をもらえればそれでいい、という人が多いように見えます。

「どうすればもっとよくなるか?うまくいくか?」と自分の仕事を工夫して発展させていく姿勢に乏しく、仕事に命をかけている女性は少ないような・・・。

残念です。でもそれは、男社会の中で女はろくな職場を与えられていない現状があるからかもしれません。あるいは家庭第一で、家庭を大事にしたいから仕事にのめりこまないようにしているだけかもしれません。

男も女も適正適切に生き生きと誇りをもって仕事をする、そんな社会にしていきたいです。

※「だら」は方言で アホという意味です。


25回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所