• Ishikawa-legi

仕事に命をかける


患者さんで脳の手術をした後、思うように言葉が出なくなってしまった大工さんがいます。自分の思いを周りにわかってもらえず、いらいらして「だら!だら!※」とどなり散らしていました。

この人は仕事が生きがいで、仕事だけはまじめに行くそうです。私が「仕事に命かけてるのよね?」と聞くと、彼は「うん」とこちらを強く見据えてうなづきました。

その点、女はだめだな~と思う時があります。女はいつまでたっても仕事はパートで腰かけで、時間内に終わらせてさーっと帰り、給料をもらえればそれでいい、という人が多いように見えます。

「どうすればもっとよくなるか?うまくいくか?」と自分の仕事を工夫して発展させていく姿勢に乏しく、仕事に命をかけている女性は少ないような・・・。

残念です。でもそれは、男社会の中で女はろくな職場を与えられていない現状があるからかもしれません。あるいは家庭第一で、家庭を大事にしたいから仕事にのめりこまないようにしているだけかもしれません。

男も女も適正適切に生き生きと誇りをもって仕事をする、そんな社会にしていきたいです。

※「だら」は方言で アホという意味です。


0回の閲覧

© 2016 石川レジティメシー研究所