• Ishikawa-legi

義和団



古来より現在に至るまで中国では、世が乱れると、『義』を掲げた世直し集団が表れ、社会改革を行うそうです。

左の写真の『義和団』のような人たちも、世直し集団です。他に『清幇』とか『洪門』とか、いろんな組織が知られています。

今まさに、この現代が”乱れた”世であり、実は裏ではこのような人たちが活躍し、”あの人たち”と戦っています。

つまり、”乱世→世直し”の繰り返しが歴史上何回も行われてきたらしいのです。

当研究所は思うのです。「もうこれで最後にしようよ」と。

それにはどうすればよいか?

歴史は、『悪い人たちが社会の中枢を握り、民を支配してやりたい放題やって、民が疲弊する』の繰り返しです。

それなら、悪い人たちが社会の中枢に入ってこれないような恒久的なシステムを作ればいいのです。たとえば『サイコパス判別装置』みたいのを作って、これに引っかかるようなら、政治家と接触してはいけない、とかですね。


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所