• Ishikawa-legi

顔相


うちの認知症病棟の作業療法士(40歳男性)はすごいです。病棟に入院してきた高齢男性患者さんに浮気歴があるかどうか、一発で見分けます。だいたい顔相とか態度とかでわかるのだそうです。そしてズバリ「昔、浮気したでしょう?」と聞くと、しぶしぶ「う、うん」と答えるのだそうです。

何かの統計に、婚姻中に浮気歴のある男性は1~2割と書いてありました。案外少ないんだな~と思いました。大多数の人はまじめに生きているのです。

妻のほうが認知症になり、夜中に「夫の隣に女が寝ている!」「出ていけ!」とわめきたてるので、夫が弱りきって受診するというケースも後を絶ちません。怒り狂って老いた夫の背中をのこぎりで切りつけたケースもありました。

同伴した夫を見ると、たいてい昔のいい男で、まっすぐ目を見れません。おろおろして「女なんていないがな~」と気弱に繰り返すばかりです。こっそり子供に聞くと必ず、「はい、父には昔そういうこと(浮気)があったみたいです」と答えます。

やっぱりね、いろいろバレるし、顔に出るし、しっぺ返しが来る。

誘惑に耐えるのって本当に大変ですが、きちんと生きてきた人にしか味わえない”強み”、というのがありそうです。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所