• Ishikawa-legi

茶道のお作法の源流



私は小学校4年から高校生になるまでお茶を習っていました。茶道は”形”からできていて、すべての動作が決められています。飲んだ後の茶わんの拭き方まで全部決まっているのです。お茶碗はお茶拭きで中を「い」「り」と書いて拭くのです。

私は主婦になって家族のお茶碗を洗う時も、無意識にこの茶道の作法通りに洗っている自分を発見することがあります。茶道でならった作法通りに洗うとけっこうきれいに洗えるので、今さらながら”形”というものの合理性を再確認したりしています。

それから私は、カトリックの学校に通っていたので、小さいころから司祭のミサの所作を見知っています。司祭はキリストの血に変わったブドウ酒を聖杯に入れて飲み、そのあと聖杯を白い布巾で拭いて

片付けるのです。

ところが、「茶道の作法は一部、カトリックのミサの作法から取られている」と、今読んでいる本『千利休とその妻たち』(三浦綾子著)に書いてあったので、びっくりしています。そう言われれば、そっくりです。茶道もミサも私は小さいころから見慣れているのに、全然その共通性に気がつきませんでした。

純日本文化だと思っていた茶道が、実はヨーロッパから取り入れたものでした。なんかショックです。


31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所