• Ishikawa-legi

ヤクザによる世界乗っ取り


1913年アメリカ・ジキル島で連邦準備制度が成立。この瞬間、ヤクザによる世界乗っ取りが完了しました。以来100年間、だましにだまされ、吸いつくされ、荒らされ放題荒らされ、よくまあ、ここまで生き延びれたものよ、と我ながら思います。

連邦準備制度とは、ヤクザの経営する連邦準備銀行が国にお金を貸し出す、というトンデモナイ制度です。国は翌年利子をつけてヤクザにお金を返さなければなりません。意味不明です。

だって私は私の労働の対価で給料を受け取っているのに、「それは貸しただけだ」「利子つけて返せ」と言われるんですよ?はあ?

よくこんな詐欺の犯罪が100年以上もったものです。誰が考えてもありえないでしょう。

私の本を読んで下さったある方が、

『絶対的な信仰を持ち、明確な言葉を持つ人たちが、何故にこれほどまでに人為災害を繰り返すのか?』

という質問を寄せて下さいました。さすが、とてもするどいつっこみです。

答えは、『絶対的な信仰を持ち、明確な言葉を持つ人たちは、人為災害を起こさない。』です。

あれは、世界を乗っ取ったヤクザ連中が、人為災害を起こしているだけです。ヤクザだから、犯罪行為や暴力行為がお仕事なのです。かなり迷惑です。

世界中で起こっているのは”テロ”ではなくて、たんなるヤクザの抗争にすぎません。ちょっと大がかりなだけです。

大手マスコミも報道各社もヤクザに乗っ取られているので、真実が見えにくいと思いますが、テレビを見るのをやめて、新聞も読むのをやめると、色々見えてきます。

もういい加減に、世界を支配しているヤクザ連中には退場願いましょう。我々はとっくに限界を超えています。うんざりです。

※ヤクザ連中:おなじみロスチャイルド、ロックフェラー、イルミナティ、フリーメイソン、バチカン、P2ロッジ、ヨーロッパ王族etc. これらの人たちはわざと自分たちの実態をつかみにくくしているので、関係や組織系を明らかにしようとしないほうがいいです。そこにはまらないほうがいいです。もううんざりです。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所