• Ishikawa-legi

311首謀者


ベンジャミン・フルフォードが、「311首謀者たちは、今あせりまくっている。自分たちがやったとバレたら大変だから、必死で工作をしている。北朝鮮が日本に色々仕掛けてくるように見せかけて、自分たちのことを隠している。」と言っています。

311をやったのは、バチカンやバビロニア・マフィアたちでしょう。でも私は思います。日本人にとって、311がテロだったと知ることは不幸なことなのではないか?

あの津波が自然災害だと思っている方が、耐えられるし、悲しみを克服できる。でも国際暴力団による脅しの殺しだと知れば、気持ちの持って行き場がなくなって耐えきれなくなるのではないか?多くの日本人がむしろ、「知りたくない」「よけいなことを言うな」と拒否するのではないか?

けれど、あえてやっぱり311はテロだったと日本人は知るべきでしょう。私は、311首謀者にも頭にきますけど、ウソをついた日本政府にも本当に頭にきます。

「金をよこせ」という脅しに屈して大金を渡し、国民にはひた隠しにしてウソの報道をし、支払い金のつけを重税として国民に払わせているひどい政府、あいつらには本当に超むかつきます。

311首謀者が誰かということと同様に、『政府は平気でウソをつく』、ということを国民は日本全国津々浦々まで知るべきだと思います。


33回の閲覧

© 2016 石川レジティメシー研究所