• Ishikawa-legi

サンフレ


サンフレというのは、サンドバック・フレンドのことらしいです。先日山手線に乗っていて、隣りで女子大生(?)達がしゃべっていました。

「セフレとかソフレとか言うけど、この前私は”サンフレ”だった。あはは。」

どうもその子が好きな男の子がいて、一回告白したけどフラれて、でももう一度そんなチャンスがあったみたいで、でもその男の子が語り出して愚痴り出して、結局サンドバックのようにストレスのはけ口にされただけだった、という話でした。彼女は周りの友達に自嘲気味に語っていました。

それよりも何よりも、少し衝撃だったのはその女の子たちの服装でした。みんな花の女子大生だろうのに、中学生みたいに保守的な恰好をしているのです。髪も短くて、化粧も薄くて、くつ下にスニーカーで、体の線を隠すようなたっぷりしたスカートで・・・。東京のど真ん中なのに!

色気とか、ステータスとか、その手のものは誇示せず、気負わずナチュラルに、というのが今の風潮なのでしょう。日本の金が根こそぎ奪われた結果、こういう具合に自然に(自衛手段として)なってきたのだろうと思いますが、いい面もあるし、少しさびしい気もするし、両方ですね。


42回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所