• Ishikawa-legi

トレイ・ガウディ泣く



https://youtu.be/xUGyVNPc1cM

アメリカ上院議員のトレイ・ガウディが泣いています。彼の事務所の職員の女性が子どもの誕生日プレゼントを買うお金がないので彼に借りに来た、本当にお金がない。けれど一方で、日給がその職員の年収ぐらいある、ものすご金持ちがいる、という話をしながら泣いてしまいました。本当に貧富の差が激しいのです。

私は彼と同世代なので、彼の涙の意味がよくわかります。私たちは30年近くまじめに本当に一生懸命働いてきました。それが世のため人のためになると心から信じていました。ところがふたを開けてみたら、なんということでしょう!まったく逆の方向に歩かされていたことに気づいたのです。幸せになった人は誰もいない、疲弊と貧窮だらけの世の中になっていました。

悲しくて悲しくてたまりません。最近毎日,トレイ・ガウディの動画を見ながら号泣しています。


41回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所