• Ishikawa-legi

しがみつき



http://benjaminfulford.net/2017/05/22/the-old-guard-simply-refuses-to-hand-over-the-financial-system-so-it-will-have-to-be-replaced/

今日のベンジャミンフルフォードのブログはどことなく弱気な感じがします。彼のいう”ハザール・マフィア”が既得権を手放すことを頑固に拒否するので困るなあ、みたいなことを書いています。

でもまあ、それは当り前でしょう。誰であれボロ儲けしていた手段をあっさり手放そうとする人はいないと思います。だからここで私たちがしっかりしないと、せっかくの大革命も、なあなあで終わってしまうのではないかという悪い予感がします。

既存の体制にしがみつく人たちというのは、ハザール・マフィア当人たちだけでなく、他にもけっこうたくさんいる、という点については今まで何回かこのブログに書いてきました。まず白人たちは”アジア人達が働いて、白人は遊んで暮らす”という体制を絶対に崩したくないでしょう。

白人以外のアジア人にもコバンザメみたいにくっついておこぼれをもらってきた人たちがいっぱいいますし、祭り上げられていい気になってた人とか、(日本人に多い)とにかくどんな小さなものでも変化を嫌う人とか、上から下まで親体制派が大勢いるのではないかという気がしています。

私たちは奴隷にされてきたわけですが、私たちの中にも「奴隷でいいじゃん、楽しいし」と思っている人たちだっていっぱいいます。例えば私が「津波で2万人も殺された!許せん!」と怒っている時でも、「何をそんなに怒っているのか」とキョトンとしているのです。

なんかだんだん気持ちが萎えてきたので、今日はもう寝ることにします。おやすみなさい。


22回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所