• Ishikawa-legi

しがみつき



http://benjaminfulford.net/2017/05/22/the-old-guard-simply-refuses-to-hand-over-the-financial-system-so-it-will-have-to-be-replaced/

今日のベンジャミンフルフォードのブログはどことなく弱気な感じがします。彼のいう”ハザール・マフィア”が既得権を手放すことを頑固に拒否するので困るなあ、みたいなことを書いています。

でもまあ、それは当り前でしょう。誰であれボロ儲けしていた手段をあっさり手放そうとする人はいないと思います。だからここで私たちがしっかりしないと、せっかくの大革命も、なあなあで終わってしまうのではないかという悪い予感がします。

既存の体制にしがみつく人たちというのは、ハザール・マフィア当人たちだけでなく、他にもけっこうたくさんいる、という点については今まで何回かこのブログに書いてきました。まず白人たちは”アジア人達が働いて、白人は遊んで暮らす”という体制を絶対に崩したくないでしょう。

白人以外のアジア人にもコバンザメみたいにくっついておこぼれをもらってきた人たちがいっぱいいますし、祭り上げられていい気になってた人とか、(日本人に多い)とにかくどんな小さなものでも変化を嫌う人とか、上から下まで親体制派が大勢いるのではないかという気がしています。

私たちは奴隷にされてきたわけですが、私たちの中にも「奴隷でいいじゃん、楽しいし」と思っている人たちだっていっぱいいます。例えば私が「津波で2万人も殺された!許せん!」と怒っている時でも、「何をそんなに怒っているのか」とキョトンとしているのです。

なんかだんだん気持ちが萎えてきたので、今日はもう寝ることにします。おやすみなさい。


22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所