• Ishikawa-legi

女の人生


今思えば、子どもたちが小さかった頃は、毎日本当に大変でした。

まず朝は布団の中で目を開ける前に、目を開けたら何をしなきゃいけないか、考えます。

「最初にあれとこれをして、あれをしている間にこれをこうして、ああして・・・」と段取りを組み立ててから、目を開けて起き上がります。

それから戦場のように家の中を駆け巡って、仕事に行って、職場でも駆け巡って、家へ帰ってきて寝る時間までやることがいっぱいあるので駆け巡って・・・。

今考えると、仕事と育児・家事の両立なんてムチャクチャですよ!なんであんなところに追い込まれたんだろう?ひどいよ!何も残らなかった!

フェミニズム運動のせいだ!あれにすっかりだまされた!

フェミニズム運動はロックフェラーが投資して広めた運動です。私の人生返せ!


20回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所