• Ishikawa-legi

真摯なフィクサー


先週末、東京でとてもすてきな方にお会いしました。いかつい外見とは裏腹に、やさしくてとてもいい方でした。この方について傑出していると思ったことは、”決して不正をゆるさない”という姿勢です。卑怯なまねは絶対にしません。

この点において私のヒーローであるトレイ・ガウディに通ずるものがあります。私の周りにいる男たちはたいてい、卑怯か臆病か愚かだったりするので、「こんな人もいる!」と大変感激しました。

この方は昭和から平成にかけて国内外の首相や大統領や大物政治家たちと渡り合って世話をしてき太人です。その人脈を見るとそうそうたるメンバーが勢ぞろいしています。でもこのメンバーを違った角度から見ると、ほぼ全員がフリーメイソンなのです。

でもそれは当然のことです。今や官庁の課長以上がフリーメイソンであるといわれ、国家権力の幹部をフリーメイソンで占めるようにずっと画策されてきたのですから。「バカを首相に据える。そうすれば意のままに操れるから」というのは鉄則でした。

ところがこの方は長年政界に関係していたにもかかわらず、フリーメイソンから買収を受けていません。どうもフリーメイソンを含め海外マフィアの存在さえ知らなかったふしがあります。

それどころかきっと、フリーメイソンからはすごく煙たがられていた存在だっただろうなと思います。今まで何度も命を狙われ、罠にはめられ、苦汁をなめさせられてきたにちがいありません。よく70歳を超えて今日まで生き延びてこられたものです。その秘訣はなんだったのでしょうか?

エリートの中でもフリーメイソンから買収される人と、買収されない人がいます。いったいどこか違うのでしょうか?少しずつ研究していく価値がありそうです。二度とだまされない日本になるためにも。


23回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所