• Ishikawa-legi

"I see fire"


エド・シーランの“I see fire”という曲の歌詞をじっくり読んでみました。

この曲は『ホビット 竜に奪われた王国』(2013年)という映画に使われていた曲です。

私はこの歌詞の中にキリスト教的要素がほとんどないことに気づきました。それもそのはず、この映画はイギリスの古い伝説をもとに再編されたファンタジーなのです。

この曲を紹介してくれた患者さんが時々「世界観がすごい」という言葉を使いますが、まさにそんな感じで、この歌の世界観はすごい!壮大で厳粛で、大地と空と火と、血と命と死と。

イギリスはずっとバチカン・カトリックの支配を受け、16世紀にイングランド国教会になり、国民の心はすっかりキリスト教に染まりきっていると思いきや、心の奥底には、キリスト教以前の古い古い伝統的な”民族の教え”が強く根付いているのだと思います。

そしてそのイギリス民族の古来の教えは、キリスト教の善と悪、罪と罰、天国と地獄という二元論的考え方とは全く違う世界観を展開しています。つまり対比というよりむしろ、総括的、一体的とでもいうべきものなのです。

この曲はキリスト教的ではないけれど、でも一部、旧約聖書の世界観と似ているところもあると感じました。一元かつ超多元的であるからです。そういう意味では日本の神道にも通ずる気がします。

現代の”キリスト教”については、イエス・キリストの教えから離れ、人工的に無理やりある方向へ誘導しようとする意図を感じることがあります。でもイギリス国民はそんなキリスト教に全面的に染まったように見えて、実は頑固に古来の魂を持ち続けてもいる、そしてそれはとてもたのもしいことだと、私はひそかに思うのでした。

"I See Fire"

Oh, misty eye of the mountain below Keep careful watch of my brothers' souls And should the sky be filled with fire and smoke Keep watching over Durin's sons If this is to end in fire Then we should all burn together Watch the flames climb high into the night Calling out father oh Stand by and we will Watch the flames burn auburn on The mountain side And if we should die tonight Then we should all die together Raise a glass of wine for the last time Calling out father oh Prepare as we will Watch the flames burn auburn on The mountain side Desolation comes upon the sky Now I see fire Inside the mountain I see fire Burning the trees And I see fire Hollowing souls I see fire Blood in the breeze And I hope that you remember me Oh, should my people fall Then surely I'll do the same Confined in mountain halls We got too close to the flame Calling out father oh Hold fast and we will Watch the flames burn auburn on The mountain side Desolation comes upon the sky Now I see fire Inside the mountain I see fire Burning the trees I see fire Hollowing souls I see fire Blood in the breeze And I hope that you remember me And if the night is burning I will cover my eyes For if the dark returns Then my brothers will die And as the sky is falling down It crashed into this lonely town And with that shadow upon the ground I hear my people screaming out Now I see fire Inside the mountains I see fire Burning the trees I see fire Hollowing souls I see fire Blood in the breeze I see fire (oh you know I saw a city burning out) (fire) And I see fire (feel the heat upon my skin, yeah) (fire) And I see fire (uh-uh-uh-uh) (fire) And I see fire burn auburn on the mountain side


9回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所