• Ishikawa-legi

同世代2



でもちゃんと、私と同世代にこんな人たちもいます。

ベンジャミン・フルフォードは、カナダ生まれの日本国籍ジャーナリストで、日本の(表&裏)社会の幹部の上には世界共通のマフィアが君臨していて、このマフィアは実は連綿と古代から続いているということをつきとめた人です。

トレイ・ガウディは、アメリカ下院議員で検察官です。ウソをついてる人の言葉から矛盾を引き出し、さらけだす、その手腕が超見事です(ネクタイはビミョーですけど)。

この二人は狂った世の中をどうやったら正せるか、毎日毎日悪戦苦闘しています。うれしい限りです。だって私の世代が平気でこの世をめちゃくちゃにしてきたのだとしたら、「もう、なんで、なんで!」って叫びたくなりますから。

同世代の多くの人たちが、いくら巨悪にまきこまれたとしても、絶対に全員を巻き込むことは不可能だと思います。巨悪がニセの価値観や道徳を刷りこもうとしても、必ずつじつまが合わなくなって矛盾やほころびが出てきて、それに気づく人がいつの時代にもいるのだと思います。人々の心の根っこにある魂を消し去ることはできないし、悪のたくらみが完全にうまくいくことは絶対にありえないのだと思います。


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所