• Ishikawa-legi

女の苦しみ、男の苦しみ


以前私の職場に、私と同じ経路:A職場→B職場をたどってきた男性がいました。この男性は今ではやめてしまいましたが、「AよりもBのほうがひどい」とよく言っていました。

私自身は変わってくる時に「どこへ行っても何かある」と思っていたので、特別な期待は抱いておらず、「AもBも違った意味でひどい」と思っています。不満のない職場なんてありえませんから。

私は女性なので、男性社会のどこへ行っても蚊帳の外で、ひどい扱いばかり受けてきました。もう何をされても慣れてしまって腹も立ちません。ただ、相手の名前は一生忘れませんけど。

彼は男性なので、男性ならではの苦しみがきっとあったのだろうな、と今では思います。想像ですが、「言う通りにしないと、ポストはやらんぞ」とずっと脅され続けるみたいな感じじゃないか。結構きついやろなーと。多くの男性は出世に関して仕事の成果は問われず、”言うとおりになり具合” で決められている感じがします。

フリー・メイソンというのは33階級あったそうだけど、こういうのって男のマウンティング本能や出世欲をうまくつかんでるとほとほと感心します。

私はそういうのとは無縁で、あー、女に生まれてよかった!としみじみ思う今日この頃です。


53回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所