• Ishikawa-legi

Bastille Day Prostest



https://youtu.be/7O8XME0qil0

7月14日はフランスのバスティーユ記念日です。1789年7月14日にパリ市民が政治犯が収容されていたバスティーユ牢獄を襲ったことをきっかけにフランス革命がおこったとされています。以来、この日はフランスの革命記念日となりました。

今年はこのバスティーユ記念日に大きなデモが行われました。記念式典に参加していた米トランプ大統領と仏マクロン大統領に抗議して集まったのです。騒然とした雰囲気です。みんな怒りで煮えたぎっています。

パリ市民は、世界がどのように動かされてきたのか、そのからくりを知ってすっかりだまされていたことに怒り狂っているのです。フランス革命でさえヤラセだったのです(イルミナティの一派が「我々がフランス革命を起こした」と言っています)。

先日のドイツ・ハンブルグのG20でも、会場の周りで抗議の大規模デモが起きていました。ちょうど今回も同じような状況です。

一方、凱旋門から式典会場に続く大通りでは、仏マクロン大統領の大がかりな軍事パレードがおこなれていました。


https://youtu.be/JhinmKZMe_o

パレードの間、マクロン大統領はずっと左右の沿道に手を振り続けていました。でも左右の沿道にはほとんど観衆がいなかったことは明らかです。みんなデモに行っていたのですから。

カメラワークでさも大観衆がいたような雰囲気に仕上がっていますが、一瞬カメラが引いたときの画面をよく見ると、本当に人がいない。式典会場の前のところにちょっと集まっているだけのような感じです。


https://youtu.be/JhinmKZMe_o

マクロン大統領は誰もいない沿道に向かってニコニコと手を振る演技をしていたのです。マクロン大統領は以前ロスチャイルド銀行で働いていました。彼が危機に瀕したロスチャイルド家の強力なバックアップを受けて大統領に当選したのは誰の目にも明らかです。

だからこれぐらいの演技なんかへっちゃらでしょう。喜んで空間に向かって手を振るでしょう。トランプ大統領と並んで座っているのを見ても、この人ら全員茶番過ぎて笑えます。なんでずっとこんなやつらにだまされてきたんだろう?



19回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所